2019年03月12日
ミャンマー教育省評価・監督局との協定締結

   島田眞路学長、茅暁陽国際交流センター長及び山村英樹生命環境学部生命工学科准教授らがミャンマー・ネピドーを訪問し、2月16日(土)にミャンマー教育省評価・監督局と交流協定を締結しました。

   ミャンマー教育省評価・監督局は133のミャンマー国立大学とカレッジ、約46,000校の初等・中等教育機関、59の専門大学校や教育センターを管轄し、計画や活動を監督し、評価を行っています。
評価・監督局局長はパテイン大学の元学長であるニュン フェイ博士であり、同行した山村英樹准教授は、2014年及び2016年に、NITE(製品評価技術基盤機構)とミャンマー・パテイン大学の共同事業に参加し、ミャンマー連邦での微生物探索を行っております。このことから、パテイン大学と本学は2017年に大学間連携協定を締結しており、現在も引き続き研究交流を行っております。
   今回の、評価・監督局との協定締結により、今後はパテイン大学をはじめミャンマーのすべての大学や研究機関と円滑に連携し、共同研究等のさらなる発展が期待されます。


        1    2
       調印式 島田学長(左)とニュン フェイ局長(右)     ミャンマー教育省の皆さんと
                                                                                    (前列左から、石井課長、茅センター長、
                                                                                    島田学長、ニュン フェイ局長、山村准教授)
 

▲ ページの先頭に戻る