2012年04月02日
生命環境学部開設式が挙行されました
 生命環境学部の開設式が4月2日、本学の甲府キャンパス第一会議室において挙行されました。
式には前田秀一郎学長ほか理事5名が列席のもと、生命環境学部教員62名および事務職員20名が
出席しました。冒頭、前田学長は「質の高い文理融合の実践的教育を行い、地域社会の繁栄に貢
献できる人材育成に努めたい」と訓示、次いで学部長と各学科長に辞令を交付しました。生命環
境学部教職員を代表し、早川正幸学部長は「教職員が理系、文系の枠を超えて切磋琢磨し、学部
の理念である自然と社会の共生科学の創生を目指したい」とあいさつしました。
  引き続いて同会場にて生命環境学部辞令交付式が行われ、早川学部長より生命環境学部の全教
 員へ配属通知が交付されました。
  なお、甲府西キャンパスの南西側一帯が生命環境学部のエリアとなる予定で、本年度中の完成
 をめどに夏休み頃から新棟の建設および既存の建物の改修工事が始まります。また、学部付属施
 設として甲府東キャンパスには最先端の設備を有するライフサイエンス実験施設が建設中で、甲
 府市小曲町では農場の設置が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  


本学中央西門と生命環境学部開設式の様子

 


▲ ページの先頭に戻る