日本組織培養学会第92回大会(7月6日~7日、日本歯科大学生命歯学部に於いて開催)で、統合応用生命科学専攻2年次の依田聖未さんが口頭発表した研究成果「ヒトiPS細胞において中胚葉分化が促進された胚様体を形成するためのGSK-3β阻害剤処理条件の検討」が評価され、Graduate Students Session Awardを受賞しました。
大会長の筒井武夫先生(日本歯科大学)から賞状と記念品が贈られました。本研究は、山梨大学の発生工学技術開発・実践特別教育プログラムの支援を受けています。

                  1          2    


   7月2日(火)、タイのコンケン大学から、PORNTHAP Thanonkeo生命環境学部長、NUSARA Surakotra地質工学科部長、Lakkana Laopaiboonバイオテクノロジー学科長、PATTHAMA Thukkhane国際交流担当職員の4名の方が訪問されました。

   黒澤生命環境学部長より学部の説明があり、引き続き、鈴木地域食物科学科長、風間環境科学科長より学科の説明を行いました。また、生命工学科の山村准教授等の案内で、応用微生物学実験室、培養工学実験室を見学されました。
 
午後からは、学内の3つのセンターを見学されました。
ワイン科学研究センターでは、乙黒准教授の案内で、研究室、ワインセラー見学の後、ワインの官能評価を行いました。
国際流域環境研究センターでは、西田教授の案内で、研究室を見学し研究内容の説明を聞かれました。
発生工学研究センターは、若山教授より研究についての説明があり、マイクロマニピュレーターの操作を体験されました。


        1    2
                         学部の説明(黒澤学部長)               コンケン大学の皆さんと

        3     4
                  地域食物科学科の説明(鈴木学科長)               環境科学科の説明(風間学科長)

        5     6
                                                   生命工学科の研究室見学(山村准教授)

        7      8
                                          生命工学科の研究室見学(大貫助教)(升井准教授) 

        9     10
                                        ワイン科学研究センターの見学・ワインの官能評価

        11     12
                                                  国際流域環境研究センターの見学

        13     14
                                    発生工学研究センターの見学・マイクロマニピュレーターの操作

 

   6月27日(木)~29日(土)に、山梨大学甲府キャンパスで開催された、日本微生物資源学会第26回大会で、地域食物科学科 乙黒美彩准教授の「トマトかいよう病菌Clavibacter michiganensisに対する乳酸菌の抗菌活性」、生命環境学部生命工学科 小山文也さんの「シロアリから単離した新規Lactococcus属細菌の分類学的検討」が、優秀発表賞に選ばれました。
   おめでとうございます。

           1      2
                             乙黒美彩准教授                         小山文也さん

 

 

   6月17日(月)、沼津市立沼津高等学校(2年生)の生徒さんが来学されました。

 38名の生徒さんが、生命環境学部を訪れ、黒澤生命環境学部長の挨拶のあと、4つのグループに分かれ、生命工学科の研究室を見学しました。
 大槻准教授、大山准教授、山村准教授、大貫助教から、研究内容についての説明を受け、電子顕微鏡などの研究装置の操作も体験しました。
   研究室等を見学し、生命工学科に興味を持っていただけたらうれしく思います。


        1    2
                        研究室見学 山村准教授              研究室見学 大槻准教授
                       (電子顕微鏡操作を体験)

        3    4
                                           研究室見学 大山准教授(左:3Dメガネ体験)

        5    6
                       研究室見学 大貫助教                                                  沼津高校の皆さん

 


   令和元年5月23日(木)、山梨県防災新館やまなしプラザ(イベントスペース)「オープンスクエア」においてワイン科学研究センター主催「第9回山梨大学国際ブドウ・ワインセミナー」を開催し、ワインの生産者、学生、ワイン愛好家など100名ほどにご参加いただきました。

  今回は、ワシントン州立大学講師でMaster of WineであるTIM HANNI氏をお招きし、“WHY YOU LIKE WHAT YOU LIKE”と題し講演していただきました。
 
 Hanni講師は、「味覚は遺伝的要素、生理学的要素、経験の影響などを受けて人それぞれ異なっており、自分自身の美味しいという感覚を素直に受け入れてそれぞれが自分の好みに合うワインを見つけていくことが重要である」と述べ、ワインと食品の相性を探す楽しみについて講演しました。

        1    2
                      Hanni講師による講演の様子                                          受講者の皆さん


        3                  4
              左から リースリング(ドイツ)、                                        食材
              甲州(山梨)、
              マスカット・ベーリーA(山梨)、
              カベルネ・ソーヴィニヨン(フランス)
 

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 66 »
▲ ページの先頭に戻る