2019年8月23日(金)、東海大学熊本キャンパス(熊本市)で開催された2019年度酪農科学シンポジウムにおいて、地域食物科学科の谷本守正教授が、『カゼインミセルの物理化学的解析と応用に関する研究』で、「日本酪農科学会賞」を受賞しました。

 日本酪農科学会は日本で唯一のミルクサイエンスに関する学会であり、酪農・乳業に関する学術ならびに産業を牽引する学術団体です。本学会賞は酪農科学の発展に寄与する研究業績をあげた研究者に授与される賞です。
 谷本教授は長年にわたり、乳に関する基礎研究および技術開発研究に取り組まれ、特に、チーズやヨーグルトの素となるタンパク質であるカゼインについて、凝乳過程・加工過程における物理化学的特性を明らかにしました。
 これらに関する研究の成果は、日本酪農科学会で発表するとともに、国際的な学術雑誌にも原著論文等として掲載されています。
 
 今回の受賞について、谷本教授は「多くの研究者や技術者の皆様のご支援・ご指導のおかげで、賞をいただくことができ、感謝申し上げます。」とのコメントを寄せていました。
 なお、本研究成果の一部は、11月9日(土)開催の、山梨大学・読売新聞連続市民講座「牛乳に魅せられて~牛乳が固まる事例を通じて~」において紹介されます。


             1    2
                                                  授賞の様子 左:浦島匡会長 右:谷本教授


             3    4
                                                               賞状及び記念の盾
 

   令和元年7月31日(水)に、令和元年度優秀教員奨励制度に係る表彰状授与式を挙行しました。
   本賞は、平成30年度実績に基づく教員個人評価の結果が特に良かった者に対して表彰するものです。
   生命環境学域所属の下記の教員に対し、黒澤学域長から表彰状の授与を行い、受賞者を激励しました。

 
                  【特別表彰】
                   生命工学科       野田 悟子 准教授
                   地域食物科学科     乙黒 美彩 准教授
                   環境科学科       岩田 智也 准教授
                   地域社会システム学科  菊地 淑人 准教授
 
                   【特別報奨】
                     生命工学科       新森 英之 准教授


                        1
    前列左から、新森准教授、菊地准教授、黒澤学域長、岩田准教授、乙黒准教授、野田准教授
 

   8月3日(土)に2019年度オープンキャンパスが開催されました。
   猛暑の中、全国各地から多くの高校生の皆さんと保護者の方々にご参加いただき、ありがとうございました。
   午前・午後の2回、各学科ごとに学科紹介、研究紹介、施設見学、模擬授業、大学生活紹介等を行いました。

 ご参加いただいた皆さんにはアンケートにご協力いただき、貴重なご意見をいただきました。
いただきましたご意見・ご要望等は次回以降に生かし、より充実したオープンキャンパスを行えるよう努力してまいります。
   この場を借りて厚く御礼申し上げます。


        1    2
                                                                    受付の様子

        3    4
                                                         多くの方に参加いただきました

        5    6
                                生命工学科の紹介                                       地域食物科学科の紹介

        7    8
                                 環境科学科の紹介                                    地域社会システム学科の紹介

 


   2019年7月26日(金)、ベトナム国のベトナム国家大学ホーチミン市校国際大学バイオテクノロジー学部からグエン・バン・トン学部長が来学し、本学部の黒澤尋学部長と交流協定締結の調印式を挙行しました。

 
   調印式前には、双方の学部の魅力や学生数、教育ならびに研究の現状についての意見交換を行いました。
 
 両学部とも食物と動物のバイオテクノロジーが中心であることから、今回の締結により、今後両学部の学生ならびに教職員の交流・共同研究推進・グローバル人材育成等が行われることが期待されます。


        1    2
                                                                   意見交換の様子

        3    4
                                                                     調印式の様子


        5
     前列左から グエン・バン・トン学部長、黒澤学部長
     後列左から、岸上教授、若山教授、幸田教授
 

 【概要】大山拓次准教授の研究課題「難溶性リガンドを用いた創薬に向けたハイスループット結晶構造解析法の開発」が、国立研究開発法人科学技術振興機構の「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)」機能検証フェーズの「試験研究タイプ」に採択されました。

 【難溶薬剤との複合体構造解析に必要なゲル内タンパク質結晶化】立体構造に基づく創薬(SBDD: Structure-Based Drug DesignやFBDD: Fragment-based drug design)では、X線結晶構造解析法を用い、標的タンパク質と候補化合物の複合体の立体構造を網羅的に決定します。肺がん治療薬イレッサや抗インフルエンザ薬タミフルなどの開発では、特にSBDD/FBDDが威力を発揮したといわれています。クスリが生体で機能するには脂溶性(難溶性)部位が必要ですが、タンパク質結晶化は水溶液中で行うため、難溶薬剤に関する網羅的構造解析は未だ困難な技術課題として残されています。そこで本研究では、抗糖尿病薬の標的である核内受容体PPARタンパク質を研究材料とし、多くの難溶性の治療薬候補化合物との複合体結晶構造を、新規の方法により網羅的に決定する技術開発を目指します。開発のカギは、タンパク質結晶を固相ハイドロゲル(アガロースゲル)内で作成することです。アガロースゲル内でタンパク質の結晶化に成功すれば、結晶が化学的ショックに強くなります。難溶化合物を取り扱うには高濃度の有機溶媒にそれらを溶かす必要がありますが、水溶液内で作成した結晶は有機溶媒に接触するとたちまち溶けてしまいます。一方、アガロースゲルに包埋された状態の結晶であれば、有機溶媒によるショックに耐えると期待されます。それにより、水溶液中では実質不可能であった難溶性化合物との複合体の結晶構造解析が可能となります。
 
 【ハイスループット構造解析を目指して】創薬の現場では、一つのクスリを開発するにあたり、標的タンパク質への結合状態を調べるべき候補化合物は、数百から数千、あるいはそれ以上にわたることがあります。したがって、多くの構造をハイスループットに決定していく必要があります。そこで、96ウェルプレートに代表されるマルチウェルプレート上にアガロースゲル包埋されたタンパク質結晶をたくさん作成し、同時進行で多数のタンパク質-リガンド複合体結晶を調製し、難溶性化合物群の結合状態を次々と決定できる手法の開発を目指します。


1
 

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 66 »
▲ ページの先頭に戻る