令和元年11月1日(金)~11月3日(日)までの3日間、「ブロッサム ~青春の花、咲かせよう~」をテーマに第17回梨甲祭が行われました。
   生命環境学部からは、生命工学科の学生がとん汁の模擬店を出店。地域食物科学科の学生がワインの試飲会を行いました。
 とん汁はワイン豚を使用したおいしいとん汁でした。ワインの試飲会には大勢の方が参加いただき、それぞれ好みのワインを楽しんでいました。 


                                 1
                                            メインゲート(学内には大勢の人が)

              2    3
                                                  生命工学科 とん汁の模擬店

              4    5
                                       地域食物科学科のワイン試飲会(日本酒もありました)

   令和元年10月19日(土)に武蔵野大学 有明キャンパスで開催された、中性脂肪学会第3回学術集会において、大学院修士課程生命環境学専攻バイオサイエンスコース1年の木村真由さんの研究、「中鎖脂肪による老齢期の代謝改善作用   —Brd4ヘテロ欠損マウスを用いた検証」が優秀演題賞を受賞しました。

   木村さんの発表内容は、代謝異常からサルコペニアを呈するBrd4ヘテロ欠損マウスに、中鎖脂肪を投与すると、代謝の活性化を介しサルコペニアのリスクが低下することを示したものになります。近年、平均寿命の延伸に伴い、低栄養や代謝の低下に伴う筋肉量の低下などから寝たきりになる高齢者が多く、問題になっております。木村さんの研究成果は、食事からサルコペニアのリスクを低減することが可能であることを示した成果であるとともに、Brd4ヘテロ欠損マウスが代謝低下からサルコペニアを呈する世界で初めてのモデルである可能性も示したものであります。木村さんの研究成果は、健康長寿社会に大きく貢献できることが期待されます。

                1             2 
                                  
授賞式の様子                                            受賞した木村真由さん     





 
  10月3日(木)、長野西高等学校(1年生)の生徒さんが来学されました。
  32名の生徒さんが、生命環境学部を訪れ、地域食物科学科の山下裕之准教授より、学部・学科の説明を聞いた後、地域食物科学科の望月和樹教授の実験室を訪問し、研究内容などの説明を聞きました。

 今回の訪問で、生命環境学部に興味を持っていただけたらうれしく思います。 


           1    2
                                                    山下准教授より学部・学科の説明

           3    4
                                                            望月教授の実験室を訪問

           5
                            長野西高校の皆さん




 


   令和元年10月1日、大村記念ホールにおいて、令和元年度山梨大学特別待遇学生及び学業成績優秀者表彰式が行われました。

   山梨大学では、学業成績が特に優れ、かつ人物優秀であると認められる者を特別待遇学生として、また学業において特に優秀な成績を収め、かつ本学学生の模範となると認められた者を学業成績優秀者として表彰しております。
 
   生命環境学部からは、生命工学科 横山匠さん、地域食物科学科 片岡結女さん、環境科学科 小林優花さん、地域社会システム学科 鈴木裕也さんの4名が特別待遇学生として表彰されました。
また、生命工学科 白倉美雨さん、地域食物科学科 山崎萌音さん、環境科学科 中田悠介さん、地域社会システム学科 中込瑠美さんの4名が学業成績優秀者として表彰されました。
 
   皆さんおめでとうございます。


                        1
                                                   特別待遇学生表彰の皆さん

                         2
                                                   学業成績優秀者表彰の皆さん

                          3
                         島田学長、黒澤生命環境学部長と、生命環境学部の表彰者の皆さん


 
 


 
 
 
 
 

   令和元年9月23日(月)~24日(火)に、北海道大学学術交流会館(札幌)で開催された、第34回日本放線菌学会大会において、大学院修士課程生命環境学専攻バイオサイエンスコース修士2年の岩渕智宏さん(指導教員:山村英樹 生命環境学部生命工学科准教授、早川正幸副学長・理事)がポスター賞を受賞しました。

 岩渕さんは、学生・ポスドクを対象とした一般投票によりポスター賞に選ばれました。岩渕さんの発表テーマは「新規運動性放線菌の選択的分離を可能にするバルク土壌浸漬法の開発」です。
放線菌は本学出身のノーベル賞受賞者・大村智博士がエバーメクチンを発見した微生物であり、創薬資源としても重要な微生物です。運動性放線菌は遊走子というべん毛をもつ胞子を持ち、栄養源に向かって泳ぐという特徴(走化性)を持っています。この運動性放線菌を環境中から選択的に分離する方法は、少量の試料(約1グラム)しか扱えない、熟練した技術や特殊な器材を必要とするなどの課題もありました。
 
 今回の岩渕さんの発表では「ろ紙」という一般的な実験器材を用いることで従来の300倍の試料量から運動性放線菌を選択的に分離することを可能にしました。また、この方法は簡便な方法であるにも関わらず、新種と考えられる運動性放線菌の分離にも成功しています。


          1    2
                                受賞の様子                  受賞した岩渕さん
 

(1) 2 3 4 ... 66 »
▲ ページの先頭に戻る