令和元年9月23日(月)~24日(火)に、北海道大学学術交流会館(札幌)で開催された、第34回日本放線菌学会大会において、大学院修士課程生命環境学専攻バイオサイエンスコース修士2年の岩渕智宏さん(指導教員:山村英樹 生命環境学部生命工学科准教授、早川正幸副学長・理事)がポスター賞を受賞しました。

 岩渕さんは、学生・ポスドクを対象とした一般投票によりポスター賞に選ばれました。岩渕さんの発表テーマは「新規運動性放線菌の選択的分離を可能にするバルク土壌浸漬法の開発」です。
放線菌は本学出身のノーベル賞受賞者・大村智博士がエバーメクチンを発見した微生物であり、創薬資源としても重要な微生物です。運動性放線菌は遊走子というべん毛をもつ胞子を持ち、栄養源に向かって泳ぐという特徴(走化性)を持っています。この運動性放線菌を環境中から選択的に分離する方法は、少量の試料(約1グラム)しか扱えない、熟練した技術や特殊な器材を必要とするなどの課題もありました。
 
 今回の岩渕さんの発表では「ろ紙」という一般的な実験器材を用いることで従来の300倍の試料量から運動性放線菌を選択的に分離することを可能にしました。また、この方法は簡便な方法であるにも関わらず、新種と考えられる運動性放線菌の分離にも成功しています。


          1    2
                                受賞の様子                  受賞した岩渕さん
 

   令和元年9月10日~13日、山梨大学甲府キャンパスで開催された「日本微生物生態学会第33回大会」にて、大学院生命環境学専攻地域環境マネジメントコース2年の武川悦子さん(指導教員:田中靖浩准教授)の研究、「水生植物ウキクサと親和性・定着性の高い微生物の検索」が学部・修士課程学生の部で優秀ポスター賞を受賞しました。

 受賞した研究で得られた成果は、水生植物のウキクサを利用したバイオマスエネルギー生産や廃水処理に役立つものとなっています。


             1        2
                                  授賞式の様子                                            受賞した武川さん

 


   地域社会システム学科(菊地ゼミ)3年生の中込瑠美さん、小田切可奈さん、堀内大誠さん(小田切さん、堀内さんは観光政策科学特別コース学生)が、8月30日~31日に韓国 仁川で開催された、第9回日中韓文化・観光大臣会合 観光未来世代フォーラムにおいて、奨励賞を受賞しました。
 
 観光未来世代フォーラムは、日中韓文化・観光大臣会合のサイドイベントとして実施されたもので、日中韓の観光活性化に向けた方策を提案するコンテストです。
 提案書・ポスター・映像の各部門から構成され、提出論文・作品をもとに国内で選抜された各国10組が仁川での本選に参加しました。3人は、提案書部門において「ポップカルチャーを活かした日韓観光の発展に向けた公的機関によるプロモーション強化に関する提案」というタイトルで発表を行いました。 

                                        1





                                          

   2019年8月23日(金)、東海大学熊本キャンパス(熊本市)で開催された2019年度酪農科学シンポジウムにおいて、地域食物科学科の谷本守正教授が、『カゼインミセルの物理化学的解析と応用に関する研究』で、「日本酪農科学会賞」を受賞しました。

 日本酪農科学会は日本で唯一のミルクサイエンスに関する学会であり、酪農・乳業に関する学術ならびに産業を牽引する学術団体です。本学会賞は酪農科学の発展に寄与する研究業績をあげた研究者に授与される賞です。
 谷本教授は長年にわたり、乳に関する基礎研究および技術開発研究に取り組まれ、特に、チーズやヨーグルトの素となるタンパク質であるカゼインについて、凝乳過程・加工過程における物理化学的特性を明らかにしました。
 これらに関する研究の成果は、日本酪農科学会で発表するとともに、国際的な学術雑誌にも原著論文等として掲載されています。
 
 今回の受賞について、谷本教授は「多くの研究者や技術者の皆様のご支援・ご指導のおかげで、賞をいただくことができ、感謝申し上げます。」とのコメントを寄せていました。
 なお、本研究成果の一部は、11月9日(土)開催の、山梨大学・読売新聞連続市民講座「牛乳に魅せられて~牛乳が固まる事例を通じて~」において紹介されます。


             1    2
                                                  授賞の様子 左:浦島匡会長 右:谷本教授


             3    4
                                                               賞状及び記念の盾
 

   令和元年7月31日(水)に、令和元年度優秀教員奨励制度に係る表彰状授与式を挙行しました。
   本賞は、平成30年度実績に基づく教員個人評価の結果が特に良かった者に対して表彰するものです。
   生命環境学域所属の下記の教員に対し、黒澤学域長から表彰状の授与を行い、受賞者を激励しました。

 
                  【特別表彰】
                   生命工学科       野田 悟子 准教授
                   地域食物科学科     乙黒 美彩 准教授
                   環境科学科       岩田 智也 准教授
                   地域社会システム学科  菊地 淑人 准教授
 
                   【特別報奨】
                     生命工学科       新森 英之 准教授


                        1
    前列左から、新森准教授、菊地准教授、黒澤学域長、岩田准教授、乙黒准教授、野田准教授
 

« 1 (2) 3 4 5 ... 66 »
▲ ページの先頭に戻る