令和元年10月24日~26日にThe International University - Vietnam National University of Ho Chi Minh City(ベトナム)で開催された国際学会、2nd The International Conference on CELL REPROGRAMMING AND REPRODUCTIONにおいて、大学院博士課程統合応用生命科学専攻博士1年の風間晃輔さん(指導教員: 若山照彦教授、大我政敏助教、若山清香助教、藤本由佳特任助教)と大学院修士課程生命環境学専攻バイオサイエンスコース1年の松本沙知さん (指導教員: 岸上哲士教授、望月和樹教授、渡辺連助教)がポスター賞を受賞しました。

 風間さんの発表テーマは「Identification and correction of epigenetic abnormalities in male pronuclei of mouse ROSI-zygotes (マウスROSI胚の雄性前核におけるエピジェネティックな異常の同定とその修正)」です。ROSIとは、未熟な精子を使って胚を作製し、子供を作ることが出来る技術です。現在、未熟な精子しか作ることができない男性のための不妊治療で最後の頼みの綱として利用されています。しかし、通常の成熟した精子を使う体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)に比べ成功率が低く、その原因はわかっておらず、あまり普及していないのが現状です。また、ROSI胚における遺伝子の機能を制御するヒストンの化学修飾(エピジェネティクス)については、異常を示す修飾が一種類だけ報告されているのみに留まり、あまり詳細はわかっていませんでした。今回風間さんは、ROSI胚について多数のヒストンの化学修飾について調査し、IVF胚やICSI胚と変わらない正常なものもある一方で、異常な化学修飾が複数起こっていることを同定しました。続いて、これらのROSI胚におけるエピジェネティクス異常を、エピジェネティクスの改変剤であるTSA処理によって、修正出来るかを調べたところ、修正できる異常もあった一方で、一部の異常を亢進してしまう効果もあることを報告しました。本研究成果は、今後の不妊治療の技術向上に貢献できることが期待されます。
 一方、松本さんの発表テーマは「Effect of treatment of embryos with (+)JQ1 on preimplantation development in mice (マウス着床前胚発生における(+))JQ1処理の影響)」です。ブロモドメインタンパク質の一つであるBrd4(Bromodomain-containing protein 4)は、これまで遺伝子のノックアウトやノックダウンを用いた手法により将来胎児になる内部細胞塊の遺伝子発現に重要な因子であることが明らかにされていました。今回松本さんは、(+)JQ1というBrd4の特異的阻害剤を用いて、マウス体外受精胚(IVF胚)の着床前発生の3日間において阻害を開始するタイミングや阻害時間を任意に変え着床前胚にどのような影響をもたらすか検証しました。その結果、阻害するタイミングによりBrd4には内部細胞塊の遺伝子発現だけではなく、新たな表現型として細胞極性に影響を及ぼすことを発見し今回の学会で報告しました。本研究成果は、これまで知られていないBrd4因子の着床前胚の発生における新たな役割を示唆するものであり、さらに詳細にそのメカニズムの解明することで発生の仕組みを理解する新しい知見になることが期待されます。
 以上の2つの研究は、山梨大学の発生工学技術開発・実践特別教育プログラムの支援を受けています。

                                          1
                                                           受賞の様子(右が風間さん)

 
                                             
                                                     受賞の様子(右が松本さん)
 
                                     
              受賞の様子(左から3番目が風間さん、4番目が松本さん)

 


 
   令和元年11月1日(金)~11月3日(日)までの3日間、「ブロッサム ~青春の花、咲かせよう~」をテーマに第17回梨甲祭が行われました。
   生命環境学部からは、生命工学科の学生がとん汁の模擬店を出店。地域食物科学科の学生がワインの試飲会を行いました。
 とん汁はワイン豚を使用したおいしいとん汁でした。ワインの試飲会には大勢の方が参加いただき、それぞれ好みのワインを楽しんでいました。 


                                 1
                                            メインゲート(学内には大勢の人が)

              2    3
                                                  生命工学科 とん汁の模擬店

              4    5
                                       地域食物科学科のワイン試飲会(日本酒もありました)

   令和元年10月19日(土)に武蔵野大学 有明キャンパスで開催された、中性脂肪学会第3回学術集会において、大学院修士課程生命環境学専攻バイオサイエンスコース1年の木村真由さんの研究、「中鎖脂肪による老齢期の代謝改善作用   —Brd4ヘテロ欠損マウスを用いた検証」が優秀演題賞を受賞しました。

   木村さんの発表内容は、代謝異常からサルコペニアを呈するBrd4ヘテロ欠損マウスに、中鎖脂肪を投与すると、代謝の活性化を介しサルコペニアのリスクが低下することを示したものになります。近年、平均寿命の延伸に伴い、低栄養や代謝の低下に伴う筋肉量の低下などから寝たきりになる高齢者が多く、問題になっております。木村さんの研究成果は、食事からサルコペニアのリスクを低減することが可能であることを示した成果であるとともに、Brd4ヘテロ欠損マウスが代謝低下からサルコペニアを呈する世界で初めてのモデルである可能性も示したものであります。木村さんの研究成果は、健康長寿社会に大きく貢献できることが期待されます。

                1             2 
                                  
授賞式の様子                                            受賞した木村真由さん     





 
  10月3日(木)、長野西高等学校(1年生)の生徒さんが来学されました。
  32名の生徒さんが、生命環境学部を訪れ、地域食物科学科の山下裕之准教授より、学部・学科の説明を聞いた後、地域食物科学科の望月和樹教授の実験室を訪問し、研究内容などの説明を聞きました。

 今回の訪問で、生命環境学部に興味を持っていただけたらうれしく思います。 


           1    2
                                                    山下准教授より学部・学科の説明

           3    4
                                                            望月教授の実験室を訪問

           5
                            長野西高校の皆さん




 


   令和元年10月1日、大村記念ホールにおいて、令和元年度山梨大学特別待遇学生及び学業成績優秀者表彰式が行われました。

   山梨大学では、学業成績が特に優れ、かつ人物優秀であると認められる者を特別待遇学生として、また学業において特に優秀な成績を収め、かつ本学学生の模範となると認められた者を学業成績優秀者として表彰しております。
 
   生命環境学部からは、生命工学科 横山匠さん、地域食物科学科 片岡結女さん、環境科学科 小林優花さん、地域社会システム学科 鈴木裕也さんの4名が特別待遇学生として表彰されました。
また、生命工学科 白倉美雨さん、地域食物科学科 山崎萌音さん、環境科学科 中田悠介さん、地域社会システム学科 中込瑠美さんの4名が学業成績優秀者として表彰されました。
 
   皆さんおめでとうございます。


                        1
                                                   特別待遇学生表彰の皆さん

                         2
                                                   学業成績優秀者表彰の皆さん

                          3
                         島田学長、黒澤生命環境学部長と、生命環境学部の表彰者の皆さん


 
 


 
 
 
 
 

(1) 2 3 4 ... 66 »
▲ ページの先頭に戻る