1月23日(火)、前日に降った雪のため寒い日でしたが、ミャンマー教育省評価・監督局のニュン フェイ局長、アウン スウ タイ局次長、タン ジン ミヨ課長、ティン モー ハイン課長補佐が訪問され、黒澤尋学域長と対談しました。
   24日(水)にはセンター式の給食施設を見学されました。その後、附属小・中学校を訪問され、自校式の給食施設、体育館、コンピューター室、理科室等を見学されました。


        1    2
                                                                  対談の様子


                                      3
                   上段左から 山村英樹准教授、タン ジン ミヨ課長、アウン スー タイ局次長
             下段左から ティン モー ハイン課長補佐、ニュン フェイ局長、黒澤尋学域長

    
                                      4   
                                                      記念品をいただきました


        5   6
                                            給食センター(センター方式の給食)見学


        7   8
                                                             自校式の給食室見学


        9   10
                  昼食は給食をいただきました                                     教室での食事風景

       
        11   12
                                                            学校施設・教室の見学

  
       13      14
                                                            学校施設・教室の見学


   1月16日(火)~18日(木)まで、瀋陽(しんよう)薬科大学の学生12名が来学されました。
学内施設・ワイン科学研究センター・発生工学研究センター・各学科研究室の見学のほか、豆腐・チーズ作りを体験しました。皆さん、日本の大学に大変興味があり、説明も熱心に聞かれていました。
   来学ありがとうございました。

        1    2
                                         ワイン科学研究センターの説明(奥田教授、斉藤助教)

        3    4
                                          ワイン科学研究センターの施設見学(奥田教授)

        5    6
                                                 豆腐・チーズ作りを体験(谷本教授)

        7    8
                 生命環境学部の説明(黒澤学部長)                   環境科学科の説明(御園生教授)

        9    10
                環境科学科の研究室紹介(片岡助教)           日本文化の体験(ぜんざい)を楽しみました

        11    12
               生命工学科の研究室紹介(山村准教授)             生命工学科の研究室紹介(大山准教授)

        13    14
               生命工学科の研究室紹介(大貫助教)              発生工学研究センターの説明(若山助教)

        15    16
                                                発生工学研究センターの説明(若山助教)


本学にて開催された第三回山岳科学学術集会にて生命環境学部の多数の学生が研究成果を発表し、吉野大智さん(大学院生命環境学専攻バイオサイエンスコース)がポスター優秀賞を受賞しました

12月16、17日の両日、当学甲府キャンパス、及び、山梨県立図書館にて、「第三回山岳科学学術集会」が開催されました。本集会は、山梨大学の主催、筑波大学、信州大学、静岡大学、日本山岳アカデミア(JALPS)の共催により実施されました。16日には、73件のポスター発表が実施され、100名以上の参加を得て、大変、活気ある集会となりました。

生命環境学部・大学院から、11名もの学生が、ポスター発表を行いました。また、見事に、吉野大智さん(大学院生命環境学専攻バイオサイエンスコース)がポスター優秀賞を受賞しました!

発表した学生は、河西隆雄さん・地域社会システム学科、坂田圭佑さん・環境科学科、石川愛さん・環境科学科、渡辺悠也さん・環境科学科、清水大地さん・大学院生命環境学専攻バイオサイエンスコース、Santona Khatunさん・大学院生博士課程、山南果奈さん・環境科学科、田口慶さん・環境科学科、天田友理さん・環境科学科、坂田竜聖さん、河田歩子さん・地域食物科学科(ポスター番号順)です。

  受賞の挨拶をする吉野大智さん・大学院生命環境学専攻バイオサイエンスコース

 賑わうポスター発表の様子

  河西隆雄さん・地域社会システム学科

  坂田圭佑さん・環境科学科

  石川愛さん・環境科学科

  渡辺悠也さん・環境科学科

  清水大地さん・大学院生命環境学専攻バイオサイエンスコース

  Santona Khatunさん・環境科学科・岩田智也准教授研究室所属・大学院博士課程

  山南果奈さん・環境科学科

  田口慶さん・環境科学科


   地域社会システム学科の島崎洋一准教授は、12月14日(木)に山梨県立図書館多目的ホールで開催された省エネルギー研修会の講師を担当しました。
 研修会のテーマは「明日からすぐに使える省エネの知恵」でした。一般県民20名が参加しました。山梨日日新聞、NHK甲府放送局、UTYテレビ山梨の取材もありました。
 この研修会は、山梨県地球温暖化防止活動推進センター(運営:公益財団法人キープ協会)が企画し、一般財団法人省エネルギーセンターの協力により行われました。


                                    1
                                         研修会において講義をする島崎准教授


   生命環境学部地域食物科学科2年の片岡結女さんが、平成29年12月6日(水)に東洋大学白山キャンパス(東京都文京区)で開催された第17回インターンシップ成果発表会2017(主催:日本インターンシップ推進協会(JIPC))に本学代表として参加し理工系部門において優秀賞を受賞しました。
今回は8大学から15名が発表し4名が優秀賞を受賞しました。昨年も本学学生は当発表会において受賞しており、2年連続の受賞となります。
発表内容は冨士食品工業株式会社(山梨県山梨市)での5日間のインターンシップ体験で、他の発表者がインターンシップ先の事業、業務内容の説明に重点を置いていた中で、片岡さんは自己分析と企業研究を目的としてインターンシップに参加し、学んだことを具体的に8項目にまとめ、今後の自分の課題を明確に述べた点が評価の対象となりました。
   なお、片岡さんの発表資料は近くキャリアセンターが作成する「2017山梨大学インターンシップ中間報告」に掲載されますので是非ご覧下さい。


        1    2   
                        発表を行う片岡さん                                       表彰状を受け取る片岡さん

        3
                久本インターンシップ担当教員(左)と
                   乙黒クラス担任(右)との記念撮影


« 1 (2) 3 4 5 ... 54 »
▲ ページの先頭に戻る