県産ワインを飲み比べて、香りや味、銘柄などを当てる「ワイン・ブラインドテイステング大会」が、9日、甲府市中心商店街のオリオン・スクエアで開かれました。
 県内在住大学生を中心とする、やまなし若者中心市街地活性化コンソーシアム実行委員会が、地域資源を生かしたまちおこしイベントを企画し、今回、ソムリエの資格を持つ、本学生命環境学部地域食物科学科(ワイン科学特別コース)1年次生の川田佑輔さんが企画の中心となって活躍しました。
 山梨日々新聞(2月14日付け)に掲載され、大会は、3月9日にも予定されています。
 


 本日2月4日17:30 19:30 23:00ぐらいから3回 NNS甲府CATV「ホッとHOT情報局」でOAされます。

本学の「テキストの英語化」に関する報道については、本学ホームページの「最新情報」をご覧ください。

アドレス
 http://www.yamanashi.ac.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=615


 ワイン科学特別コースが設置された山梨大学生命環境学部。コースの研究内容や、ワインに関するお得な情報が紹介されました。


2012年11月17日に大分県大分市で行われたASEV日本ブドウ・ワイン学会において、
ワイン科学特別教育プログラム(現 地域食物科学科ワイン科学特別コース)の古
家聖慈君(修士2年)が、大会発表賞(ポスター部門)を受賞しました。

発表タイトル「モデルワイン中でのプロアントシアニジン抽出挙動の品種間比較」
○古家聖慈,市川茉利枝,斉藤史恵,久本雅嗣,奥田 徹(山梨大学ワイン科学研
究センター)

受賞した古家聖慈君(修士2年)


« 1 ... 50 51 52 (53) 54 55 56 57 »
▲ ページの先頭に戻る