10月17日(火)、富士高等学校(1年生)の生徒さんが来学し、生命環境学部には30名が見学に訪れました。
  黒澤学部長から学部の概略の説明、引き続き、岸上教授から生命工学科について説明を聞きました。
  説明の後、3つのグループに分かれ、細胞培養工学研究室(黒澤教授・大貫助教)、応用微生物学研究室(山村准教授・中川助教)、創薬分子工学研究室(川上助教)の見学を行いました。
  あいにくの雨天の中を来学いただき、誠にありがとうございました。

        1    2
                                       学部・学科の説明をする黒澤学部長、岸上教授


        3   4
                  細胞培養工学研究室(大貫助教)                    応用微生物学研究室(山村准教授)


        5    6
                  創薬分子工学研究室(川上助教)                             富士高等学校の皆さん
 


  9月28日(木)、長野西高等学校(1年生)の生徒さんが来学されました。
28名の生徒さんが、生命環境学部を訪れ、生命工学科の楠木正巳教授より、学部及び学科についての説明を聞きました。
  説明の後、3つのグループに分かれ、細胞培養工学研究室(黒澤教授・大貫助教)、微生物利用工学研究室(大槻准教授)、応用微生物学研究室(山村准教授)の見学を行いました。
  来学いただき、誠にありがとうございました。

         A1    A2   
                                        学部・学科の説明をする楠木教授、大山准教授


        A3    A4
             細胞培養工学研究室見学(大貫助教)               微生物利用工学研究室見学(大槻准教授)

             
       A5    A6     
               応用微生物学研究室見学(山村准教授)                     長野西高校の皆さん   


 


  9月19日(火)、トルコのアンカラ大学農学部土壌科学科 オグズ ジャン トゥルガイ博士、理学部生物学科 アフメット エムレ ヤプラク博士が訪問され、黒澤 尋学域長と対談しました。

        1    2
          トゥルガイ博士(左)ヤプラク博士(右)                                 対談の様子

        3    4
          左から ヤプラク博士、片岡良太助教                    アンカラ大学のメダル・キーホルダー            
                        黒澤尋学域長、トゥルガイ博士               を頂戴しました


大学院博士課程に平成30年度より、農学分野(生命農学コース)を含む「統合応用生命科学専攻」の設置が認められました。

統合応用生命科学専攻は、修士課程と同様に従前の医工に農学を加え、医工農の分野横断的な教育を展開いたします。

詳細につきましてはこちらを参照願います。

入試については、生命環境学域支援課教務グループにお問い合わせください。
TEL 055-220-8808  メールアドレス les-admin@(アットマーク)yamanashi.ac.jp  
 


環境科学科4年・高島愛果さんが代表を務める下記の研究課題が、山口県萩市の主催する研究助成事業に採択されました。

助成事業名:
萩ジオパーク構想研究チャレンジ助成事業補助金
研究課題名:
畳ヶ淵の露頭空撮による収縮破断プロセスの推定
研究代表者:
高島愛果 (生命環境学部 環境科学科4年) (指導教員: 島 弘幸 准教授)
事業内容:
山口県自然百選に選定される「畳が淵」の柱状節理をドローン空撮し、河岸に広がる多角形状亀裂の統計的性質を調べる。その結果をもとに、火山から流出した溶岩が冷却・収縮・破断した一連の過程を科学的に推測する。

この事業は、学生による独自の研究提案をもとに、学生自身が主体的に進めるものです。この事業の推進によって、自然環境の成り立ちに関する科学的理解がさらに深まることが期待できます。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 54 »
▲ ページの先頭に戻る