大学院博士課程に平成30年度より、農学分野(生命農学コース)を含む「統合応用生命科学専攻」の設置が認められました。

統合応用生命科学専攻は、修士課程と同様に従前の医工に農学を加え、医工農の分野横断的な教育を展開いたします。

詳細につきましてはこちらを参照願います。

入試については、生命環境学域支援課教務グループにお問い合わせください。
TEL 055-220-8808  メールアドレス les-admin@(アットマーク)yamanashi.ac.jp  
 


環境科学科4年・高島愛果さんが代表を務める下記の研究課題が、山口県萩市の主催する研究助成事業に採択されました。

助成事業名:
萩ジオパーク構想研究チャレンジ助成事業補助金
研究課題名:
畳ヶ淵の露頭空撮による収縮破断プロセスの推定
研究代表者:
高島愛果 (生命環境学部 環境科学科4年) (指導教員: 島 弘幸 准教授)
事業内容:
山口県自然百選に選定される「畳が淵」の柱状節理をドローン空撮し、河岸に広がる多角形状亀裂の統計的性質を調べる。その結果をもとに、火山から流出した溶岩が冷却・収縮・破断した一連の過程を科学的に推測する。

この事業は、学生による独自の研究提案をもとに、学生自身が主体的に進めるものです。この事業の推進によって、自然環境の成り立ちに関する科学的理解がさらに深まることが期待できます。


  8月5日(土)に2017年度オープンキャンパスが開催されました。
天気に恵まれ、気温30度を超える中、全国各地から多くの高校生の皆さんと保護者の方々にご参加いただき、盛況のうちに各学科のプログラムを終えることができました。
 各学科ごとに学科紹介、研究内容紹介、施設見学、大学生活紹介等を行いました。
 ご参加いただいた皆さんにはアンケートにご協力いただき、貴重なご意見をいただきました。
いただきましたご意見・ご要望等は次回以降に生かし、より充実したオープンキャンパスを行えるよう努力してまいります。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

        1    2
                               受付の様子                                        多くの方に参加いただきました

        3    4
                        生命工学科の研究紹介                                   地域食物科学科の研究紹介

        5     6
                         環境科学科の実験風景                                地域社会システム学科の模擬授業

 


  8月3日~8月4日、山梨県の高校生を対象に公開授業「自然と社会の共生科学」を開催しました。
厳しい暑さの中にも関わらず、多数の高校生に参加して頂きました。誠にありがとうございました。


8月3日
        1    2 
              鈴木 保任  准教授(環境科学科)        田中 敦 教授(地域社会システム学科)
                    環境と化学                                         ツーリズムのチカラ (観光振興の効果と可能性)


        3    4
                  若山 照彦 教授(生命工学科)                     藤原 真史 准教授(地域社会システム学科)
                      クローン技術の最前線                                            地方自治と参加

8月4日
        5    6
               岸本 宗和 准教授(地域食物科学科)                   矢野 美紀 准教授(地域食物科学科)
                    食品をおいしくする微生物                          農業生態系における相利・共生関係の構築

        7    8
               小林 拓 准教授(環境科学科)                             大山 拓次 准教授(生命工学科)
         "降水のメカニズム ~雪の結晶を作ってみよう~"           生体分子機械~タンパク質複合体~


 平成29年7月1日(土)、日本組織培養学会第90回大会において、生命工学科の大貫喜嗣助教が奨励賞を受賞しました。日本組織培養学会は組織・細胞培養学およびその応用技術を主な研究対象とする学会で、将来性のある若手研究者に毎年、奨励賞が授与されます。

 今回の大会では「CHIR99021が維持培養期間中のヒトiPS細胞の増殖性および分化方向性に及ぼす影響」という題目で発表しました。CHIR99021はマウス多能性幹細胞の未分化性の維持や、ヒトiPS細胞の樹立時の培養中に添加される化合物です。本研究では、そのCHIR99021を最適な濃度および期間で使用することによって、維持培養時におけるヒトiPS細胞の増殖性を向上させることが明らかにしました。私たちの研究室では、今後もヒトiPS細胞の培養プロセスに関する研究を続け、再生医療分野に貢献したいと考えています。本研究は、本学大学院の発生工学特別プログラムの一環として行われました。
大貫喜嗣先生 奨励賞受賞


(1) 2 3 4 ... 51 »
▲ ページの先頭に戻る