11月9日(金)、山梨県美しい県土づくり大賞の授賞式が行われ、
地域社会システム学科菊地ゼミ・甲州市教育委員会が奨励賞をいただきました。

   観光まちづくり研究室(地域社会システム学科菊地ゼミ)では、平成28年度より甲州市教育委員会文化財課と連携して、地域の文化資源を活用した地域づくりの取り組みを継続的に実施してきました。

「勝沼のブドウ畑とワイナリー群の文化的景観」を文化財保護法に基づく重要文化的景観として国に選定申出を行うための価値調査からスタートしたこの取り組みですが、その後、段階的に展開をみせ、文化的景観の価値の共有を目指した勝沼地域の小学校における地域探検授業の実施、その成果を地域に発信するための企画展の開催、各種刊行物の編集・刊行のほか、甲州市歴史的風致散策の共同企画なども行われています。

いずれも、地域における歴史・文化資源の保全・活用を通じて、地域アイデンティティの醸成、地域ブランディング、さらには観光地域づくりに貢献することを目指したものです。

一連の取り組みは、観光政策科学特別コース発足以降の時間を積み重ねる中で、学生の関与の度合いも次第に広がっていきました。近年では、一部の事業は学生が主導的な役割を果たし、企画・運営されています。

また、取り組みは、甲州市との共同研究に加え、山梨大学地(知)の拠点整備事業(COC)によるアグリツーリズム社会貢献事業、山梨大学地方創生支援教育研究プロジェクト、地域連携事業支援プロジェクト等の支援も受けて実施してきました。

   授賞式では、すべての奨励賞受賞団体を代表して、地域社会システム学科3年の岩田美耶さんが表彰状を受け取りました。


        1    2
                            受賞内容活動報告                                       甲州市との共同受賞です


        3    4
                             奨励賞受賞の皆さん                     岩田美耶さんが代表して賞状を受け取りました


        5    6
                                  賞状                                     左から 北村推進委員会委員長、菊地准教授、 
        (菊地研の学生 岩田美耶さん、高橋瑞季さん)     高橋瑞季さん、岩田美耶さん、
                                                                              萩原甲州市教育委員会学芸員、保坂甲州市教育委
                                                                              員会教育長
 


   地域社会システム学科の学生12名が、外食産業の店舗等を経営する「株式会社グリーンハウス」とコラボし、同社の抱える課題について、フィールドワークなど調査・研究を通して提案内容を考え、同社役員等にプレゼンするプロジェクトにこのほど挑戦しました。
 これは、日経BP社発行「女子高生のための大学進学バイブル2019」(本年12月発行予定)掲載企画の一環として行われたもので、地域社会システム学科観光政策科学特別コースの田中 敦 教授のゼミ生や観光系講義の受講学生など12名が参画しました。本学では、問題解決型学習(Project Based Learning)の推進を掲げており、実践的な教育の一環としてこれを実施する機会となりました。
 同社は、オフィス・工場・学校向け関連のコントラクトフードサービスや「とんかつ新宿さぼてん」など各種レストラン店舗を全国・世界で展開しているグループ企業です。
 ※株式会社グリーンハウスHP

 今回、同社から提案された課題は「外国人観光客の満足度を高めリピーターを増やす施策」。インバウンド向けの満足度を上げ、再び同社のサービスを受けたいと思わせるリピーターを増やすべく、同社だからできる様々な施策や展開を、学生が企画・プレゼンしました。

■オリエンテーション
 平成30年9月27日(木)、同社本社(東京都渋谷区)において、オリエンテーションが行われました。学生たちは緊張した面持ちで臨み、同社からの事業概要や今回の課題等に関する説明を受け、これからのプレゼンに必要な情報収集のため、積極的な質疑応答を行いました。また、日経BP社「日経ウーマン」元編集長である麓 幸子 日経BP総研フェローより、人に伝わるプレゼンの方法や極意をご講演いただきました。
        1    2 
                オリエンテーションの様子               収集した情報を共有し、話し合う

        3    4 
                 同社に積極的な質問!             麓フェロー(左)による実践的な講義

 オリエンテーション後、学生たちは田中教授のファシリテーションによる180分×5回のワークショップを行い、訪日外国人観光に関するマーケティングやインバウンドで評価の高いレストランや料理に関する調査、新事業開発の手法やデータを用いた資料作成、共感を得るプレゼンテーションの方法など様々なことを学びながら、各グループでプレゼンする事業コンセプトのイメージ作りに取り掛かりました。さらにワークショップの時間外にも仲間同士話し合いを重ね、様々な試行錯誤を繰り返しながら、事業プランの作成や提案書のフレームとストーリーを作りました。

■中間発表
 同年10月11日(木)は、同社担当者を本学にお招きし、プレゼンの中間発表を行いました。黒澤 尋学部長や鈴木俊二地域食物科学科長同席のもと、学生たちはこれまで考えてきた事業をプレゼンし、同社や本学教員・参加学生からの意見やアドバイスをメモを取りながら真剣に聞いていました。
        5    6
                          中間発表の様子                                  黒澤学部長(左)や鈴木学科長(右)も
                                                                                 学生の発表に耳を傾ける

        7    8
              同社担当者(右)よりアドバイスを受ける       ボードには学生のアイディアがぎっしり!

   これを受け、学生たちはさらに事業プランをブラッシュアップし、最終的な提案書として仕上げ、何度もプレゼンの練習を重ねました。

■最終プレゼンテーション
 同年10月22日(月)、いよいよプレゼン本番。同社本社(東京都渋谷区)において、同社執行役員や社員を前に、学生たちは個性的で斬新なインバウンド向けの施策を提案しました。同社からは「学生らしい考えもつかないアイディアだ」「社内で検討できるプランが幾つもあった」との高い評価を多くいただいたプレゼンとなりました。
 今回の企画を通して、学生たちからは「実際の企業の課題解決の一助になれて貴重な体験だった」「企画やプレゼンの難しさを学んだ」「収益事業として成立するかを真剣に考えた」などの感想が出され、社会で働く意義や様々な現実を学ぶ機会となりました。
         9    10
                        チーム「山田」の発表①                     チーム「山田」の発表②
        11      12
                       チーム「セロリ」の発表①                   チーム「セロリ」の発表②
        13      14
                        チーム「オリゼー」の発表①                    チーム「オリゼー」の発表②
        15      16
                          熱心に発表を聞く参加者              同社役員から高い評価をいただきました
        17      18
                    同社社員から的確なアドバイス                            絆がより深まった仲間たちと!
                                                                                             (左中央奥:田中教授)


※学生たちの詳細なプレゼン内容は、日経BP社発行「女子高生のための大学進学バイブル2019」(本年12月発行予定)に掲載される予定です。是非、御購読下さい。
※今回の掲載企画では、コーディネーター役として、株式会社ワオ・コーポレーション様に御協力いただきました。 


   平成30年11月2日(金)~11月4日(日)までの3日間、「笑おう ~そこのあなたも笑いな祭~」をテーマに第16回梨甲祭が行われました。今年も天候に恵まれた学園祭となりました。
   生命環境学部でも学生たちが賑やかに、豚汁、パン、ワインの試飲の模擬店を出店しました。
豚汁はワイン豚を使用したおいしい豚汁でした。パンは焼きあがりを待つほどでした。
各店とも大変賑わっていました。


        1    2
                                                                メインゲート

        3    4
                                                                 豚汁(生命工学科)

        5    6
                                                                  パン(生命工学科)

        7    8
                                                            ワイン試飲(地域食物科学科)

 


   10月19日(金)、名電高等学校(2年生)の生徒さんが来学しました。
生命環境学部には10名の生徒さんが訪れ、地域社会システム学科の平井寛准教授より、
学部、学科の説明を聞きました。
生命環境学部は文理融合の学部であることの説明があり、理系3学科・文系1学科の説明がありました。
また、当日は大村智先生が来学されており、大村智記念学術館で先生の研究についてお話を伺うことができ、興奮気味の皆さんでした。
   来学、誠にありがとうございました。


        1    2
                                                    学部・学科の説明をする平井准教授

        3    4
                                                           名電高等学校の皆さん


        5  
                                                       大村智記念学術館で大村先生と


   10月16日(火)、富士高等学校(1年生)の生徒さんが来学しました。
40名の生徒さんが、生命環境学部を訪れ、地域社会システム学科の田中敦教授より、
生命環境学部は文理融合の学部で、理系3学科、文系1学科があることの説明の後、文系の地域社会システム学科の観光政策特別コースの説明がありました。
また、生徒さんからの質問もあり、進路について、真剣に考えている様子がうかがえました。
   来学、誠にありがとうございました。

       1    2
                                                  学部・学科の説明をする田中教授

       3    4

       5    6 
                                                             富士高等学校の皆さん    



 


(1) 2 3 4 ... 59 »
▲ ページの先頭に戻る