10月19日(金)、名電高等学校(2年生)の生徒さんが来学しました。
生命環境学部には10名の生徒さんが訪れ、地域社会システム学科の平井寛准教授より、
学部、学科の説明を聞きました。
生命環境学部は文理融合の学部であることの説明があり、理系3学科・文系1学科の説明がありました。
また、当日は大村智先生が来学されており、大村智記念学術館で先生の研究についてお話を伺うことができ、興奮気味の皆さんでした。
   来学、誠にありがとうございました。


        1    2
                                                    学部・学科の説明をする平井准教授

        3    4
                                                           名電高等学校の皆さん


        5  
                                                       大村智記念学術館で大村先生と


   10月16日(火)、富士高等学校(1年生)の生徒さんが来学しました。
40名の生徒さんが、生命環境学部を訪れ、地域社会システム学科の田中敦教授より、
生命環境学部は文理融合の学部で、理系3学科、文系1学科があることの説明の後、文系の地域社会システム学科の観光政策特別コースの説明がありました。
また、生徒さんからの質問もあり、進路について、真剣に考えている様子がうかがえました。
   来学、誠にありがとうございました。

       1    2
                                                  学部・学科の説明をする田中教授

       3    4

       5    6 
                                                             富士高等学校の皆さん    



 


   10月12日(金)、沼津市立沼津高等学校(2年生)の生徒さんが来学されました。
34名の生徒さんが、生命環境学部を訪れ、環境科学科の田中靖浩准教授より、学部及び学科についての説明を聞きました。
説明の後、3つのグループに分かれ、鈴木准教授、石平准教授、片岡助教から研究室や、実験・研究装置の説明を聞きました。
研究室等を見学し、環境科学に興味を持っていただけたらうれしく思います。
   来学いただき、誠にありがとうございました。

        1    2
                                                     学部・学科の説明(田中准教授)

        3    4
              研究室(環境情報科学)紹介(石平准教授)              学生実験室機器説明(鈴木准教授) 


        5    6
               研究室(環境生物学)紹介(片岡助教)                            沼津高校の皆さん

 


   10月5日(金)、長野西高等学校(1年生)の24名の生徒さんが来学されました。
生命環境学部ワイン科学研究センターを訪れ、地域食物科学科の奥田徹教授(ワイン科学研究センター長)、山下裕之准教授より、学部及び学科についての説明を聞きました。
説明の後、センター内(分析室・ワインセラー)を見学し、久本雅嗣准教授より説明を聞きました。
また、センター内のブドウ畑についても見学しました。
   来学いただき、誠にありがとうございました。

        1    2
                                       学部・学科の説明をする奥田教授(左)、山下准教授

        3    4
                                         ワイン科学研究センター内の見学・説明(久本准教授)

        5    6
        センター内のブドウ畑の見学・説明(山下准教授)                     長野西高校の皆さん

 


  生命工学科の山村准教授(応用微生物学)は、早川正幸副学長・理事(応用微生物学)、工学部の安藤准教授(高性能計算)と共に放線菌コロニーの自動識別システムの開発に取り組んできました。その成果が第33回日本放線菌学会大会(武蔵野大学)でポスター賞を受賞しました。

 授賞対象となった研究題目は「人工知能を用いた放線菌コロニー(*)の自動識別」になります。放線菌は本学出身のノーベル賞受賞者・大村智博士がエバーメクチンを発見した微生物です。この放線菌を分離するためには培地上に多数生育するコロニーの中から放線菌やバクテリア、カビを識別し、選抜します。通常、この作業は人間が行うため、疲労や記憶力の限界などから大量処理が困難でした。そこで、最新のAI(人工知能)技術を用いることで迅速な観察が可能になり、大量処理への道筋を開拓する事ができました。本研究は生命環境学部と工学部の教員・学生が学域の領域を超えた融合研究の成果になります。
 
*コロニーとは、培地上に生育する微生物細胞の集合体。一つの細胞に由来する。
左から工学部・安藤准教授、同 中島君、山村准教授、早川副学長・理事

(1) 2 3 4 ... 59 »
▲ ページの先頭に戻る