2018年08月20日
山梨県下高校生への公開授業が開催されました

   8月6日~7日、山梨県の高校生を対象に、公開授業「自然と社会の共生科学」を開催しました。
厳しい暑さの中にもかかわらず、多数の高校生に参加していただきました。ありがとうございました。大学の授業に触れる機会を通して、学問の奥深さ、面白さを知るきっかけとなれば嬉しく思います。

8月6日
        1    2
                  山村 英樹 准教授(生命工学科)                    舟根 和美 教授(地域食物科学科)
          ノーベル賞を生んだ放線菌はどこにいるのか?                   でんぷんの科学と利用


        3    4
                  川上 隆史 助教(生命工学科)                     宮川 雅至 助教(地域社会システム学科) 
       ケミカルバイオロジーと新規分子標的治療薬の開発                 最短経路の求め方


8月7日
        5    6
                   田中 靖浩 准教授(環境科学科)                     斉藤 史恵 助教(地域食物科学科)
                      身の回りに潜む微生物のはなし                         ワインのおいしさについて


        7    8
             平井 寛 准教授(地域社会システム学科)                   小林 拓 准教授(環境科学科)
                住民との協働におけるデータサイエンス         降水のメカニズム~雪の結晶を作ってみよう~


▲ ページの先頭に戻る