【研究テーマ】流域~全球スケールの水循環

山梨大学 生命環境学部 環境科学科
助教 馬籠 純
ホームページ

 流域~全球スケールの水循環
 
准教授  石平 博
助教  馬籠 純
 
 わたしたちの研究室では、人間が上手に水を利用する方法を社会に提供することを目的として、地球上の水の循環の様子と水に関係した周囲の環境について調べています。水の循環を調べる学問を「水文学(すいもんがく)」、水を上手に使う方法を調べる学問を「水資源工学(みずしげんこうがく)」と呼びます。また、いろいろな情報をもとに利害を調整して上手に水を利用することを、「水資源の総合的なマネジメント」と呼びます。
 
 水の循環を調べるためには、大きくわけて1)雨や雪、川の水の量など自然界の水の循環と、2)ダムや灌漑(かんがい)などの人間が使う水の量とその環境への影響の、2つを調べる必要があります。
 
 1)については、雨の量、川に流れる水量や湖沼や貯水池の水量さらには雪の量を、観測や衛星データから求めるというような観測データの収集や、それらを注意深く調べる解析と呼ばれる方法、さらに、コンピュータの中で現実に近い水の循環を再現する数値シミュレーションと呼ばれる方法を使って取り組んでいます。
 
 2)については、1)と同じような方法に加えて、人間がどのように水を使っているかという情報を集めることや、人間の活動が水環境に与える変化を調べ、それにもとづく将来シナリオを作成して、将来人間が上手に水を利用するにはどうすればよいのか、ということを調べています。
 
 私たちの研究室では、山梨県や日本の水環境だけではなく、日本で私たちが得てきた水文学・水資源工学や水資源の総合マネジメントの知識を、タイや中国といったアジアモンスーンの国々に役に立てるための研究も行っています。そのため、アジアの国々など海外からの研究者や留学生も数多く参加し、一緒に研究しています。

▲ ページの先頭に戻る