【研究テーマ】食品製造に関わる微生物の分子生物学的研究

山梨大学 生命環境学部 地域食物科学科
准教授 三木 健夫
ホームページ http://www.fp.yamanashi.ac.jp/fdp/

 

酵母の遺伝情報を探る
 
山梨大学大学院医学工学総合研究部 
准教授 三 木 健 夫 電子メール:takemiki@yamanashi.ac.jp
 
                                                
  酵母の形代表的な酵母の大きさは約5μm, 顕微鏡で見てみると写真(左図)のような形をしています。しかし、自然環境にはもっといろんな形をした酵母がいます。形だけを観察しても、数十種類の酵母が見出されて意います。                                                                                                                            
 
酵母と人類の関係:ワインはブドウ果汁を発酵させて造られます。また、発酵は酵母によって行われます。人類がワインを造り始めたのが約5000年前という科学的事実から考えると、酵母と人類はとても長いお付き合いをしています。   
 
  パン、ビール、日本酒だって酵母無しではうまく作る事ができませ                      ん。しかし、どんな酵母も美味しい食製品を造ってくれる訳ではありません。様々な実験を繰り返し、酵母の持つキャラクター(性質)を調べる事によって、製品造りに適した酵母を選択していきます。
 
 
酵母の性質と遺伝情報:酵母の性質はどこから生まれてくるのでしょうか?それは酵母の持つ遺伝情報と大きく関係しています。酵母の染色体には自分と同じ酵母を造るために必要な遺伝情報がギッシリ詰まっています。特別な性質を持つ酵母には、きっと「美味しい食品」を造るために必要な遺伝情報が存在しているはずです。               
私達の研究酵母の持つ様々な遺伝子を調べ、効率的利用に関連する遺伝情報を探し出し、理解し再構築する事、それが私達の研究目標です。興味を持たれた方は上記のホームページをご覧ください。

  

 

▲ ページの先頭に戻る