【研究テーマ】有機・自然栽培における野菜の窒素利用に関する研究

山梨大学 生命環境学部 地域食物科学科
准教授 矢野 美紀
ホームページ

 

生態学的視点から農業を捉え直す

山梨大学大学院医学工学総合研究部
准教授 矢野美紀  電子メール:nakatam@yamanashi.ac.jp
 
私たちが健康で充実した生活を送るためには、新鮮な農作物の摂取が欠かせません。農作物には人の健康に必要な栄養素が含まれているだけではなく、発酵食品の製造に欠かせない酵母や乳酸菌などの有用菌も付着しています。私たちは一つの農作物からこうしたいくつもの生物の恵みを得ることができます。
しかし、化学合成農薬を多用する現代では、これが難しくなっています。化学合成農薬は病害虫を一旦排除しますが、同時にその他の生物も排除してしまうからです。さらに使用を続ければ、薬剤耐性を持つ病原菌や害虫が増加し、その結果、農作物の周りには、有用な生物よりもむしろ有害な生物が多くなってしまいます。
現代は、病害虫や雑草などの、作物にとって有害と考えられている生物を排除することや、そのための研究に多くの時間とエネルギーが費やされています。これは、現代の農業では、放っておくと作物がこれらの生物に負けてしまうからです。しかし、その結果、作物にとって好ましい環境や生態系が形成されたとはいえないことに、多くの人が気づいているでしょう。                   
ここで、生態学的視点から農業を見てみます。どの生物にもそれぞれ適した環境というものがあります。どんな環境でも他の生物より繁殖しやすい、という生物は存在しえません。雑草よりも作物の、病原菌よりも有用微生物の繁殖しやすい環境を作ることが、農業において重要だと考えられます。しかし、その環境がいったいどのようなものなのかは、明らかになっていません。
私は、生態学的視点から農業を見直し、作物にとって好ましい環境と、その環境を作る方法を明らかにしようとしています。特に、土壌環境の要因として重要な、土壌微生物の働きや土壌微生物バイオマスに注目し、どのような土壌微生物生態系が作物に適しているのか、また、その生態系を形成するための栽培管理を研究しています。耕起、施肥、除草などの基本的な農作業も、生態学的視点から見直します。 

 

▲ ページの先頭に戻る