生命工学コース

学位: 博士(生命工学)

養成する人材像

生命工学コースでは、生命現象を分子、細胞、組織及び個体の各レベルで理解する生命科学の基盤を有し、発生工学を中心にその周辺の学問分野を含む高度な生命工学の知識と技術を修得することで専門性を深め、医工農の3分野を俯瞰する視点と「健康」に関する課題に対応可能な見識を持つことによって、生殖補助医療や再生医療などの発生工学関連産業を中 心に広くバイオ関連産業において活躍できる高度専門職業人及び研究者の育成を行います。

コース内容

主な授業科目 指導教員 主な研究の題目
細胞培養工学特論 教授 黒澤尋 ヒトiPS細胞の増殖と分化の制御
応用発生工学特論 教授 若山照彦 発生工学を用いた哺乳類の生殖技術開発
発生エピジェネティクス特論 教授 岸上哲士 哺乳類の初期発生に関する研究
臨床生殖医学特論 准教授 笠井剛 精子受精能に関する研究
応用生体防御学特論 准教授 神沼修 生体防御機構とその破綻に関する発生工学的研究
生体超分子科学特論 准教授 新森英之 生体関連物質の化学的解析とナノバイオテクノロジーへの展開
構造生命科学特論 准教授 大山拓次 生体超分子の構造生物学
応用生殖細胞工学特論 助教 若山清香 生殖細胞および体細胞を用いた遺伝子保全技術
分子進化工学特論 助教 川上隆史 ケミカルバイオロジー手法を用いた新規創薬関連技術の開発
▲ ページの先頭に戻る