生命農学コース

学位: 博士(農学)

養成する人材像

生命農学コースでは、生命現象を分子、細胞、組織及び個体の各レベルで理解する生命科学の基盤を有し、ワイン醸造学、応用微生物学(生態、探索・分類、利用)、食品科学(分析・加工・栄養)及び植物機能開発等の「発酵・食品」に関連する複数の学問分野の高度な知識と技術を修得し、これをワインなどの食品製造、創薬、環境保全等に応用することで地域産業の活性化に貢献するとともに、医工農の3分野を俯瞰する視点と「健康」に関する課題に対応可能な見識を持つことによって、食と健康及び環境に関連する産業分野において国内外で活躍する高度専門職業人及び研究者の育成を行います。

コース内容

主な授業科目 指導教員 主な研究の題目
食品加工・栄養学特論 教授 谷本守正 食品レオロジーを主とした食品の物性に関する研究
発酵微生物学特論 教授 柳田藤寿 発酵性微生物と発酵食品に関する研究
食品成分解析学特論 教授 奥田徹 機能性成分の分離・分析とその利用法の開発
植物機能開発学特論 教授 鈴木俊二 ワイン醸造用ブドウの生理学および病理学
食品加工・栄養学特論 教授 望月和樹 生活習慣病を予防する食生活・食事因子の作用機序の解明
発酵微生物学特論 准教授 岸本宗和 ワイン醸造微生物の分類と利用に関する研究
微生物利用工学特論 准教授 大槻隆司 微生物・微生物群機能の高度活用によるバイオマス有効利用
環境微生物学特論 准教授 野田悟子 環境微生物の進化・生態学的研究
食品成分解析学特論 准教授 久本雅嗣 ブドウやワイン中のポリフェノールに関する研究
微生物分類学特論 准教授 山村英樹 微生物のゲノム情報を用いた分類学
  助教 中川洋史 微生物の特殊環境適応機構と育種に関する研究
  助教 乙黒(小林)美彩 ワイン醸造微生物の多様性と醸造特性
▲ ページの先頭に戻る