バイオサイエンスコース

【バイオサイエンスコース】 学位:修士(農学)

<教育理念>バイオサイエンスコースでは、生命科学を基盤として、「食や健康」、「生命と環境」に関わる諸問題を解決する人材を育成するために、広範なバイオサイエンスの領域にわたる高度専門教育を行います。

<教育目標>本コースは、遺伝子やタンパク質等の生体物質の構造や機能、微生物や動物細胞などの生物機能を探求する生命科学の知識、及びその機能を産業に応用するための生命工学の技術を修得し、食品、医薬、医療、及び環境などに関係するバイオ産業において活躍できる高度専門職業人を養成します。

<教育方法>大学院での各種講義・演習による教育に加えて、配属された研究室での演習、文献調査、修士論文ための実験・研究が主な教育内容となっています。大学院生は研究分野を選択し、その研究分野の知識・技術を修得するための学習をしながら修士論文の研究テーマを決定します。指導教員は大学院生に研究の遂行に必要な指導を行います。大学院生は研究テーマに関する文献調査、実験計画を立案し、実験を実施します。研究の進展にともない生じる各種の課題を指導教員と相談しながら解決し、研究成果を学会発表などで発表してプレゼンテーション能力等を身につけていきながら、修士論文を完成させます。このプロセスを通して、大学院生は技術者・研究者として必要な専門知識と技術を修得します。

 主な授業科目と研究テーマ

主な授業科目
指導教員
主な研究の題目
発生制御学特論 教授 岸上 哲士 哺乳類の初期発生に関する研究
構造生物学特論 教授 楠木 正巳 X線構造生物学
細胞生産プロセス工学特論 教授 黒澤 尋
ヒトiPS 細胞の増殖と分化の制御
発生工学特論 教授 若山 照彦 発生工学を用いた哺乳類の生殖技術開発
環境微生物資源学特論 准教授 大槻 隆司 微生物・微生物群機能の高度活用によるバイオマス有効利用
構造生物学特論 准教授 大山 拓次 生体超分子の構造生物学
生物有機化学特論 准教授 新森 英之 生体関連物質の化学的解析とナノバイオテクノロジーへの展開
環境微生物資源学特論 准教授 野田 悟子 環境微生物の進化・生態学的研究
代謝栄養学特論 准教授 望月 和樹 生活習慣病を予防する食習慣・食事因子の作用機序の解明
応用微生物学特論 准教授 山村 英樹 微生物のゲノム情報を用いた分類学
  助教 中川 洋史 微生物の特殊環境適応機構と育種に関する研究
  助教 山下 さやか 生活習慣病における膵ベータ細胞機能および食事因子による影響の解析

 

▲ ページの先頭に戻る