大学院の概要

理念・目的

現代社会が直面する課題の解決に応用でき、また、これらの応用研究の基礎となる学術研究を、国際的視野を持って創造的に推進する優れた研究者並びに高度で専門的な知識と能力を有する職業人を要請する教育・研究を行います。

教育目標

専門知識及び開発能力、問題発見・解決能力、国際的コミュニケーション能力を修得し、専門技術者・研究者として社会に貢献できる人材の養成を目指します。

アドミッション・ポリシー

専門領域の基礎的学力を持ち、さらなる知識の修得意欲があり、高度の研究や応用を目指し、その成果を社会に還元しようとする人を求めます。


生命環境学専攻
人類にとって最も普遍的で重要な課題である「食と健康」及び「生命と環境」を、社会・経済・行政システムとの関わりでとらえ、自然科学の知識で理解・分析し、技術革新や政策によって解決する意欲をもつ人を求めます。具体的には、農学を基盤として、生命科学、食物生産・加工、環境・エネルギー、地域経済、企業経営・行政などの広範な学問領域に興味をもって学修し、それを活用して我が国の発展に貢献する意欲をもつ人を求めます。

・バイオサイエンスコース
生命科学により生命を探求し、得られた生物機能に関する知識を生命工学の技術によって応用し、食品、医薬、医療及び環境などに関係するバイオ産業において活躍しようとする意欲をもつ人を求めます。

・食物・ワイン科学コース
付加価値が高く持続的な食物生産のあり方について強い興味をもち、ワインをモデルとしながら科学的に探究し、食品産業を原料生産、加工・販売、安全から経営まで、多面的に見渡すことにより、我が国の食品産業の未来を切り拓く意欲をもつ人を求めます。

・地域環境マネジメントコース
自然資源の適切な利用と地域の持続的発展を実現していくための高度な専門知識と技能の修得に強い意欲をもち、環境、食糧、情報及び地域社会に関わる分野において、指導的役割を担って多様な課題の解決に取り組む意思をもつ人を求めます。


募集要項
http://www.yamanashi.ac.jp/admission/45 よりダウンロードできます。
 


 

お知らせ
2017(平成29)年6月1日
山梨大学4学域の研究力を結集した諸学融合による、新たな知の想像と世界に通用する人材を育成する教育への展開を進めるため、大学院特別教育プログラムが発足致しました。山梨大学の強みの一つである最先端の研究分野および地方創生への貢献が期待できる分野に関心を示す修士課程の学生を選抜し早い段階で特別教育プログラムによる教育および研究指導を行います。詳しくは、大学院教育マネジメント室ホームページをご参照下さい。

▲ ページの先頭に戻る